So-net無料ブログ作成

歌舞伎俳優・市川猿之助(先代)の言葉。俳優にも監督にも大切なこと。教えられる。 [映画業界物語]

71183928_3035530823187868_1517374373302894592_n.jpg


歌舞伎俳優・市川猿之助(先代)の言葉。俳優にも監督にも大切なこと。教えられる。

先代の市川猿之助。近年では「スーパー歌舞伎」の創設者であり、歌舞伎という伝統芸能の世界にいながら、次々に新しいチャレンジをし演劇界を席巻した大俳優だ。企画、演出、出演と3役をこなしている(実質的はプロデュサーも)そんな先代の印象的なエピソードがある。その話はワークショップ等で俳優たちによく話す。

先代の猿之助が演出した「西遊記」。その稽古のとき。主演の三蔵法師を演じる俳優がこんな発言をした。

「劇中で難しい仏教用語で延々と話すシーンがあります。いえ、その長台詞を覚えるのが嫌だということではないのですが、今回の公演には小学生の団体も来ます。子供には難しいセリフなので、もっと分かりやすい言葉に置き換えてはどうでしょうか?」

それを聞いた先代は即座に答えた。

「あなたがその仏典を理解して話せば、子供であっても理解します。あたがその意味を理解せず、ただセリフとして覚えるから伝わらなくなるのです。意味を理解して話せば必ず伝わります」

その俳優は黙ってしまった。その通りだと感じたのだろう。それはテレビドキュメンタリーで見たのが、僕もまた黙り込んでしまった。俳優だけではない。監督も同じだ。演出する映画の題材。それを理解せずに、シナリオに書かれてあるからと演出しては観客に伝わらないのだ。その猿之助の言葉からだけではないが、理解することの大切さを実感。僕が手がける映画、書道、原発、1983年、1989年という題材は事前に猛勉強した。

その意味で今回、僕が監督した初の長編ドキュメンタリーである「ドキュメンタリー沖縄戦」も同様。ただ、調べていくと沖縄戦を知るだけではダメ。太平洋戦争だけでもダメ。さらに日中戦争。さらに日露戦争まで遡らなければならなかった。勉強はするが、その全てを描くと何十時間もの長尺作品になってしまう。それをどう沖縄戦で集約するか?という問題がある。その時、猿之助の言葉を思い出した。日露戦争まで描かなくても、監督がそれを理解した上で沖縄戦を描けば観客に伝わるということ。

沖縄戦だけを勉強したのと、日露戦争まで遡り、その流れを理解した上で描くのは全く違う作品になるはず。先に見た某国営放送?の作品。よく作ってはいるが、沖縄戦の表層を撫でただけ。太平洋戦争や日中戦争を知った上で作ってないことは一目瞭然だった。ドキュメンタリーは報道ではない。ある事実を伝えるだけではダメ。ニュースでは斬り込まないところまで描く。観客に沖縄戦を体験してもらうこと。それが今回の作品の目的である。

その「ドキュメンタリー沖縄戦」いよいよ12月頃に沖縄で完成披露試写会が行われると連絡があり。詳細は分かり次第に報告。

特報(動画)=> https://youtu.be/Wv5MK0fRauI



69948932_2979017495505868_4069159609456132096_n-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

夢を掴むために大切なこと?④間もなく40代。俳優としての実力よりチャンスばかりを追っていると? [映画業界物語]

70898966_3034243953316555_8562772454315917312_n-1.jpg

夢を掴むために大切なこととは?④間もなく40代。俳優としての実力よりチャンスばかりを追っていると?

無名女優のA子さん。

無名といっても、もう30代。結構、可愛い。小さな役で何本かの映画に出ているが、誰も知らない。小さな事務所に入っているが力がなく、ドラマや映画のオーディションにも行けない。けれど、彼女は諦めない。

「いつかブレイクしたい!」

とがんばっている。知人の監督が飲み会をすると聞けば、参加。アピールする。その種のパーティがあれば飛んでいく。その営業力はなかなか。出版社にグラビアの売り込み。監督や原作者に直談判もする。なのに、小さな仕事ばかり、それなりの依頼も来ない。なぜか?

実力がないからだ。可愛いだけなら、この世界。いくらでもいる。それに彼女は30代。10代、20代の可愛い子がいくらでもいる世界。その上、演技力がない。下手ではないが、セリフを普通に読む程度。

なのに彼女は演技力を磨くことをせず、

営業活動に勤しんでいる。だから、飲み会で出会った下心地ある監督からしか依頼がない。まじめな子なので、それが分かれば拒絶するのだが、結局別の場所でも同じような男にしか興味を持たれない。

チャンスをつかむために監督やプロデュサーに近づく。が、興味を示すのは、その種の男性だけ。親身に応援してくれる人に出会っても実力がないので、次に繋がらない。彼女はそれに気づかず、今も営業を続けている。

間もなく40代。

実力よりチャンスばかりを追っていると、結局そんなことになってしまう。では、どうすればいいのか? 実力をつけるとはどういうことなのか? また別の機会に書かせてもらう。(了)



69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

夢を掴むために大切なこと?③「私はそこそこ可愛いから」という理由で俳優を目指す若い人もいる? [映画業界物語]

71542458_3034257506648533_4604045215773229056_n.jpg

夢を掴むために大切なこととは?③「私はそこそこ可愛いから」という理由で俳優を目指す若い人もいる?

1番の問題は

「才能があればやっていける。私は自分に才能があると信じたい」

という人が多いこと。僕は以前から言っているが「才能」なんて存在しない。素質がある人がそれを磨き、実力を伸ばし、表現の場で戦ったときに素晴らしいものができる。才能があると思い込み、何の経験もなく、努力もしないで、演技をし、歌を歌っても観客は感動しない。

「才能」なんていう言葉があるから多くの人が勘違いしてしまう。別の言い方をすれば、素質がある人が努力に努力を重ねて素晴らしい演技をしとき、それを見た観客が

「私には真似のできない演技だ。努力だけでできない!」

と思う。それを「素質」と絶え間ない「努力」とは解釈せずに、「才能」ということにすれば自分を納得させるのに便利。そんなな言葉というだけだ。

つまり、素質のない人はもともと演技をしてもダメ。音楽や映画もダメ。ただ、素質は数字では表現できないが、20%の素質がある人でも、もの凄い努力をすれば、80%の資質ある人を超えることはできる。「才能」があるから成功する訳ではない。自分の素質を磨き続ける努力が成功に結びつく。それが分からずに

「私はそこそこ可愛いから!」

「俺はキムタクに似ているからね!」

という理由で俳優を目指す若い人たちとたくさんであった。そして先に上げた素質を磨く努力をするのではなく、前回書いた「チャンスをつかむ」ことに夢中になってしまう。(続く)


69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

夢を掴むために大切なこと?② 勘違いしたまま芸能界、映画界へ? [映画業界物語]

71350683_3034251189982498_5191884440250351616_n.jpg

夢を掴むために大切なこととは?②勘違いしたまま芸能界、映画界へ?

ドラマを見ていて、こんなことを感じたことはないか?

「この女優本当に大根ね〜。私の方がいい芝居できるわあ」

「この映画つまらないなあ。俺が監督した方がまだいいよ〜」

と思ったことはないだろうか? 芝居をしたこともないのに、監督をしたこともないのに、自分がやればもっと上手くできる!そんな勘違いをすることがある。一般の人でもよくある。プロ野球をテレビで見ていて

「何でその球が打てない!ど真ん中だろう?」

怒鳴るおじさんがよくいる。ボクシングの試合中継を見ていて

「右右、右だよ。回り込んで左、あーーダメだなあ〜」

映像で見ているのと、バッターボックスやリングに上がるのでは全然違う。テレビモニターをお茶の間で見ているようにはいかない。なのに「ダメだなあ」とか思ってしまう。

これと同じ心理。テレビや映画で見ていると、粗を見つけやすい。それは問題点を見つけただけなのに、なぜか人は、それに気づいた自分は同じ失敗をしない。もっとうまくできると勘違いすることが多い。

東京ドームのバッターボックスに立っただけで、文句を言っていたおじさんは足が震えるだろうし、映画の撮影現場に立てば、どれだけ大変か?を「俺の方がマシ」という映画ファンは痛感する。が、それが想像できない。私の方ができる。俺の方がうまい。と勘違いする人が多い。

ただ、多くの人はそういいながら俳優や監督を目指さないので問題は起こらないが、勘違いしたまま芸能界、映画界に飛び込んでから、その厳しい世界に気づくのである。(続く)


69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

夢を掴むために大切なこと?①「主演? 美女? 演技力あり? うちに500人いるから、誰でも使って!」 [映画業界物語]

70871707_3034271709980446_1340129645751697408_n.jpg

夢を掴むために大切なこととは?①「主演? 美女? 演技力あり? うちに500人いるから、誰でも使って!」

俳優だけでなく、歌手、作家、ミュージシャン、映画監督と、この業界の仕事に就くにはチャンスだけではダメ。今回はもうひとつの大切なことを書く。むしろ、こちらの方が大事なのに、気づいていない人が多い。

例えば、俳優になるにはイケメンで背が高いだけではダメ。美人で巨乳というだけでもダメ。その種の美人美女は芸能界には山ほどいる。競争が激しい。大切なのは演技力だ。例え大手事務所に所属できて、コネでドラマにねじ込んでもらえても、演技力がなければ次の作品依頼は来ない。よほどでないと事務所も何度もコネで自社俳優を押し込むことはできない。

むしろ、ブサイクとかブ男の需要がある。デブ、ハゲ、メガネ、チビという俳優は少ない。もちろん演技力も必要だが、ずば抜けたものがなくても認められやすい。なのに往々にして俳優になりたいのは、そこそこ可愛い子とかイケメンの男の子。

「私って可愛いし、女優でいけるかも?」

とか考えるのだが、そこそこではダメ。抜群に可愛い子が山ほどいる世界。そこで勝ち抜くには容姿だけではなく、演技力がなければダメなのだ。以前、主演女優を探していて、ある大手芸能事務所の社長からこう言われた。

「主演? 美女? 30代? ネームバリューがある。演技力もいる。ああ、うちに500人くらいいるから、誰でも使って!」

後日、20人のプロフィールが送られて来た。皆、見たことのある女優ばかり。これが芸能界。そこに食い込んで行くには可愛いだけでは、イケメンなだけではダメなのだ。が、そんなことは想像できるだろうに、なぜ、多くの若い人は俳優になろう。歌手になろうと思うのか?多くが陥りがちなことがある。(続く)


69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

脳科学から考える⑤=俳優への道 年月をかけて磨き上げた力? [映画業界物語]

42559780_2184330188307940_385835659731927040_o.jpg

「自分の考えた演技を自分の体を使って表現する」

ーそれが俳優の仕事。楽器を使って表現するのがミュージシャン。文章でするのが作家。映像を使い表現するのが映画監督。みな、同じだ。どうすれば自分の思いがそこに表現できるか? 

それは感受性の鋭い人が、様々なインプットで勉強した上で、アウトプットで実践して磨いた実力を発揮。卓越した表現ができるようになる。そんな人たちに依頼が集まり仕事となる。それが映画界、芸能界なのだ。

大学卒業=>就職

という一般社会とは別の構図がある。それを同じだと思うから勘違いしてしまう。そして、世間がよく言う「才能」というのは、鋭い感受性を磨き、インプットだけでなく、アウトプットでも鍛え、実践して手に入れた卓越した表現力のことなのだ。

それをもとから持っていた力のように「才能」なんていうから、多くが勘違いしてしまう。血と努力と汗。そして年月をかけて磨き上げた力なのだ。

これで「表現の仕事」

というものが、大体のことは分かってもらえたと思うが、感受性について、まだ、語り切れていない。その辺のことをまた機会があれば書かせてもらう。


69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

脳科学から考える④=俳優への道 カメラの前に立つこと。舞台に上がること? [映画業界物語]

21752699_1616818365059128_2289782317453116829_o.jpg

俳優も同じ。悲しみの演技をする。

「悲しそうに見えない!」と言われる。泣きの演技を勉強する。映画を見る。ドラマを見る。人間観察をする。大女優の演技を見る。それらは大切なことだが、全てインプット。その理屈や方法論が分かっても自分がするとうまく行かない。「才能がない?」そうではない。アウトプットが鍛えられていない。磨かれていないからだ。

それを繰り返し挑戦する。でも、ただ、泣く行為を繰り返してもダメ。それは意識した行為でしかない。演技ではない。大事なのは実践すること。舞台で、カメラ前で演技すること。それを繰り返すことでアウトプットが向上する。

「でも、そんな簡単に舞台やドラマには出れないし」

という人もいるだろう。その通りだ。しかし、俳優なら劇団とか、仲間と組んで小劇場で芝居もできる。これが映画監督志望なら、最低でも何十万もかけてカメラを用意、俳優とスタッフを雇い自主映画をせねば実践できない。

作家ならパソコンがあれば、小説が書けるが、生活のための仕事もあり、集中して書くのはこれも大変。つまり、お手軽に出来るインプットではなく、時間もお金もかかるアウトプットをしなければ表現力は向上しないということ。

簡単なことではない。でも、それを長年に渡ってやってきた人は強い。様々な試行錯誤をして考え続ける。それが卓越した演技力となり、迫力となる。

「どうすれば悲しみが表現できるか?」

「どうすれば怒りを伝えられるか?」

いろんなことを何年も考え実践し続ける。もうひとつ言えば、これは俳優でも、ミュージシャンでも、映画監督でも同じなのだが、学校で1年学ぶより、実践を1回した方が遥かに成長する。

もちろん、俳優にとって映画に出るというのは、小さな役でも大変なことだ。でも、だから、どんな役でもそのチャンスを大切にがんばる。現場に立つことがもの凄い勉強になるからだ。100回のレッスンより1回の現場。

でも、インプットしかやってない俳優の卵は見る力だけが向上していて、自分は即戦力と思ってしまう。人気俳優の問題点を見て、自分の方ができると勘違いして

「主役でないとなあ」「脇役じゃあ、真剣になれないよ」

と考えてしまう。そんな子たちをたくさん観てきたが、全員消えてしまった。まさに裸の王様。知識だけで「俺は出来る」と勘違い。アウトプットをほとんどしていないので、現場で通用しない...。

(つづく)


69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

脳科学から考える③=俳優への道 学校では学べない!? [映画業界物語]

70871707_3034271709980446_1340129645751697408_n.jpg

別の問題もある、

多くの俳優志望者はまず演劇学校に通う。必死で所属事務所を探す。さらには監督やプロデュサーと親しくなろうとする。営業する。なぜか? 就職活動を重ねてしまうのだろう。大手企業に入りたい。縁故を探す。関係者に売り込む。専門学校に行く。それと同じ。表現の仕事と会社員になるのは全く違うのに同じ構図で捉えてしまう。会社は入社してから仕事を覚える(最近は即戦力を求められるが)。同じように

「芸能事務所に入れば、仕事をもらえる。デビューさせてもらえる」

と考える。だが、大切なことを忘れている。アウトプットだ。たくさん芝居を観る。映画を観る。ドラマを見る。脚本も読む。「あとはチャンスだけ」と考える俳優の卵が多いが、それは間違い。

アウトプットができていない。演劇学校やワークショップに通ったくらいで演技は向上しない。ピアニストやバイオリニストは子供頃から練習を続ける。バレリーナや歌舞伎俳優も同じ。なのに、俳優だけが18歳やそこら。高校を卒業してから、演劇学校に行き、卒業したら俳優デビューなんて、どうなのか? 俳優ってそんな簡単な仕事なのか? 

ひとつには多くの俳優志望者が商業主義に乗せられている現実がある。高校を卒業。専門学校で料理を学ぶ。卒業して店で働く。これはありだ。大学を卒業して就活。企業に入社。多くの日本人はそれが社会に出る道筋と考える。だから、俳優になるのなら演劇学校。映画監督になるのなら映画学校。最近は漫画家になるための学校まである。

しかし、それらを出てもプロになれる保証はない。それを他の業種と同じように考えて、業者が学校を作る。先の道筋と同じように、そんな学校へ多くの夢追う子供たちが入学する。乗せられているだけ。

学校でアウトプットはほとんど学べない。映画監督になるのに、映画の歴史や映画批評を教えられても役にも立たない。実習だってクラスで数人しか監督できない。その生徒の実習費用を払うために他の監督志望の生徒は高額な授業料を払っているのだ。でも、学校に通うことで安心する。業界に就職できる可能性は少なく、簡単に監督になんてなれないのに2年間、通学する。演劇学校も同じ。

表現の仕事は学校では学べない。それはインプットの能力を養うだけ。アウトプットをやらなければダメだ。例えば、映画監督が「恐怖」の演出をしようとする。インプットとしてはヒッチコックやデ・パルマの映画を勉強する。でも、それらのカット割りや撮影法を真似しても怖さは出ない。大切なのは、その演出を繰り返し試すこと。こーでもない。あーでもない。と。やっていると、あーーこれは怖い!という表現が見つかる。それがアウトプットなのだ。


(つづく)

69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

脳科学から考える②=俳優への道。繰り返し練習することで体に覚えさせる? [映画業界物語]

IMG_3363.JPG


では、何が必要か? それがアウトプット。

これが難しい。その本によるとインプットは観たり、聞いたりすることで向上するので、楽して能力が向上する。

映画を観る。音楽を聴く。芝居を見る。ということ。それに対してアウトプットは大変。代表的なのはピアノのレッスン。毎日、何時間もピアノを引き続ける。幼い頃からスタート。何年も何年も練習する。

そんなふうにアウトプットというのは、頭でイメージしたもの。与えられたものを、体を使って表現する行為だ。それを繰り返し、繰り返し、長時間、長期間、続けることで、脳と体が連携し、それを体現できるようになるという。

野球選手も同じ。絵描きもそう。ミュージシャンは皆同様。その他の表現の仕事も実はほぼ同じなのだ。例えば作家。最初から思うような文章は書けない。こんな話を書こう。こんな物語を書きたい。と思ってもうまく行かない。

それは頭(脳)で考えることを体が、的確に表現できていないということ。だから、ピアノレッスンと同じように、何度も何度も繰り返す。そのことで感じていることを的確な言葉で、伝えたいことを文章で伝えられるようになってくる。

シナリオライターも同じだ。自分が書きたいものがあっても、最初はうまく書けない。その力を養うには書き続けること。これがアウトプット。友人で若くして脚本家になった奴がいる。彼はいう。

「よく、プロデュサーがこのシナリオダメだな。作家に才能ないんじゃないのか? 仕方ないから俺が直したよ。ほら、よくなったろう? でも、それは違う。ゼロから物語を作り書いたものを出来上がったものを見て、ちょこちょこ直すのではレベルが違う。ゼロから作り上げるということはどんなに酷いものでも価値ある作品。

もし、自分が創作活動をしていたら、どんなダメな作品でも、酷評はできない。それができるあのプロデュサーはそんな経験がない。創作もしたことがないのに出来上がったものにケチを着けて俺の方が凄い!と勘違いしているだけなんだ」


(つづく)


69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

脳科学から考える①=俳優への道 卓越した表現力はどうやって養うのか? [映画業界物語]

1001584_511240355616940_791551889_n.jpg


脳科学から考える=俳優やアーティストになるために必要なこと? 卓越した表現力はどうやって養うのか?①

表現をする仕事をする人は「感受性」が大切。人の痛みを人一番感じる力。それがないと俳優も、歌手も、作家も、映画監督も、その他の表現をする仕事にも向かない。では、感受性が高ければ高いほど、より素晴らしい表現者になれるのか? というと違う。感受性は「感じる力」であり、表現する能力はまた別にある。

以前、脳についての本を読んでいて、「なるほど!」と思う記述があった。脳には2つの能力がある。インプットとアウトプット。インプットは見たり、聞いたりしたことを記憶する。それを繰り返すほどに知識になり、見る目が養われる。例えば映画ファン。映画をたくさん見ることで、どんどん情報がインプットされる。いろんな映画を見て比較することで、発見がある。見方が鋭くなる。最初は気付かなかったプロフェッショナルな部分にも気づき、粗や問題点も見つける。

だが、これはインプット。映画を見る目が向上するだけ。アウトプット=つまり、映画を作るは別の能力なのだ。にも関わらず、ここで勘違いする人が出る。映画を見ていてこう思う。

「ダメだな。この脚本。先が読めるよ。役者も下手だなあ。なんでこんなの選んだの? 監督がダメなんだ。分かってないなあ」

映画レビューを見るとその種の素人評論家のような人が数多くコメントしている。そんな人たち。勘違いを起こす。

「この映画は酷い。監督は問題点に気付いていない。俺は気付いている。だから、俺が映画を撮った方がより良い作品を作ることができるはず!」

そこが大きな間違い。その人は見る目がある。つまり、インプット能力が養われているだけで、アウトプット能力が優れている訳ではない。というより、アウトプットの経験はゼロなのだ。俳優志望の人にも同じタイプがいる。テレビドラマを見る。新人俳優の演技が酷い。

「この子。ダイコン。まるでダメ。可愛くもないし。事務所の力で出演したのね? 私の方が可愛いし、芝居もできる。芸能界に入れば、すぐブレイクできるはず!」

先の映画ファンと同じ構図。以前にも書いたが、これらはプロ野球を見ていて

「何で、その球が打てねえんだ!」

とテレビに怒鳴るオヤジ。ボクシングを見ていて

「右右。違う。そこでストレートだよ」

とコーチのようなことを考える人たちと同じ。自分が球場やリングに上がれば、何もできないこと。プロの投手の球を素人は簡単に打てないし、プロのボクサーを相手にすれば数秒でKOされる。映画作りや演劇も同じなのだ。では、何が必要か? それがアウトプットだ。


(続く)



69576335_2931281203612831_2698133420675956736_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画