So-net無料ブログ作成
my opinion ブログトップ
前の10件 | -

「監督は優しい人だから、メールすれば多忙でもきっと返事をくれる」と過剰な期待をする一度しか会ったことない人? [my opinion]

1237133_515897695151206_1891093003_n-1d525.jpg

「監督は優しい人だから、メールすればきっと上映時間も教えてくれる」
と過剰な期待をする一度しか会ったことない人?

Facebook友達のトラブルで思い出したが、仕事柄いろんな会に呼ばれる。お世話になっている人たちの会もある。そんな時、業界の先輩なり、別業界の友人が連れて来たカタギの人。そんな人たちとは名刺交換する。後日、メールでお礼をくれたりする。Facebookではないのでお礼を返信する。それが業界関係の人であれば、あまり問題は起きないが、カタギの方の時はトラブルになることがある。

というのはFacebookと同じで、あれこれ質問をしてくる。まあ、先方にとっては映画監督と知り合えた。いろいろ話を聞きたい。女優の裏話を知りたい! それをメールで聞いてくるのだ。Facebook友達は会ったこともない人たち一線を引く。が、この場合は一度お会いしているし、友人や先輩の知り合い、女性であれば彼らの彼女である可能性もある。あまり無茶な対応もできない。

「その後、映画準備は進んでいますか?」

とか聞いてくる。そんなこと関係者でもないのに1人1人に説明してられるか?と思う。それ以前に僕のブログを読め!そのために克明に進展を毎回、記録している。その話も会った時にしている。でも、まだ、そのレベルは理解できる。酷かったのはこれ。先輩が連れて来たカタギの若い女性。超多忙な時にこんなメール。

「明日、監督の映画を見ようと思ってますが、新宿でもやってますか?上映は何時からですか?」

そんなことはネットで調べられるだろ? 映画館でも教えてくれる。こちら猫の手も借りたいほど忙しいのに、そんなことを聞いてくるか? 先輩の彼女かも?と思ったが、そう素直に返事してした。流石にショックだったのか、それ以降メールは来なくなった。あとで聞くと

「監督は優しい人だから、きっと上映時間も教えてくれると思ったのに...酷い...」

と先輩に不満を訴えていたらしい。が、そもそも僕はGoogleではない。質問を書き込めば答えが返ってくるものではない。おまけに上映中はあれこれ関係者への連絡で追われている。自分でできることを、わざわざ聞いてくる神経が分からない。そんなある時、あるPの話を聞いた。

「撮影現場でもそうだけど、あまりに皆に親切にし、愛想良くすると、どうでもいい問題まで頼ってくるですよ。それはお前の仕事だろ?というのを『どうしましょう?』って言ってくる。だから、現場ではなるべく愛想良くしないで、皆と距離を置くようにしてるんですよ」

それは大事かもしれない。僕は「いい人だ」「親切だ」「優しい」と言われることがあるが、それで勘違いして、あれこれ頼ってくる人が出てしまうのかもしれない。以前にも書いたが、「感謝の気持ちを伝えね」ばと撮影後に自宅に挨拶に行ったら、その後、

「最近は挨拶に来ない。失礼だ!」

と言われたことがある。あれは撮影で借りた物があったからお礼に行っただけであり、なんでその後も、挨拶に行かねばならないか?と思うのだが、

「監督は礼儀正しい。だから機会があれば挨拶に来る人だ。なのに最近は来ない!裏切られた。失望した」

ということなのだ。先のPの発想は正しい。これは先日書いた「嫌われることを恐れていはいけない」の話にも近い。先輩が連れて来た人だから、失礼のないようにしようとしたことで、映画館の時間まで問い合わせて来られる。感謝を伝えに行ったことで「裏切られた」と失望される。どちらも最初から距離を置いておけば、彼らも勘違いせず嫌な思いをすることもなかったのだ。

悲しい話だが、映画の仕事は本当に多くの人たちと出会うので、実は大切なことかもしれない。それとも出来る限り人に会うことを避けて生きるか? ウッディ・アレンやデビッド・ボウイの逸話を思い出すとそう思える。

m_58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「誰とでも仲良くしてはいけない」「みんなに好かれるようではダメ」それが最近の僕のテーマ。 [my opinion]

IMG_3899.JPG

「誰とでも仲良くしてはいけない」「みんなに好かれるようではダメ」それが最近の僕のテーマ。

子供の頃、よく親が言ってたこと。

「誰とでも仲良くしなさい」

「みんなに好かれるような子供になってほしい」

これは関西でも関東でも、どこの親でもいう台詞ではないだろうか?これらの言葉を否定する人はまずいない。人として大切なことだからだ。

が、それらが間違っていることに気づいた。認識したのは最近、50代になってからだが、実は子供の頃から、それらに逆らうことばかりだったことに気づく。説明していこう。

「仲良くする」はいいことだ。喧嘩ばかりしているより、仲良くすることはいいことのはず。が、考えてほしい。「仲良くする」にはどうするか? 人はそれぞれに価値観が違い、主張がある、方向性もある。生活習慣、趣味、志向、全てが同じ人はいない。

それぞれが違う者同士が仲良くするには、

どうしなければならないか?それは我慢すること。洋食が好きな人が和食が好きな人と「仲良くする」には、好きでなくても和食を一緒に食べることが必要だ。たまにならいい。でも、結婚して妻が和食好きで「朝は味噌汁とご飯」がいいという。夫はトーストとスクランブルエッグ。どうすればいい?

1日起きに和洋変えるか?妻に合わせて、和食にするか? 夫は自民党支持。妻はれいわ新撰組。これも我慢して合わせるのは難しい。たまにならいいが、毎日、何年もとなると葛藤が生まれ、ぶつかってしまう。溝が生まれる。子供の教育はどうか? 健康管理はどうか? 

IMG_2028 (1).jpg

「一流大学に行き、一流会社に就職する」

親がそれを期待する。子供にそれを押し付ける。でも、僕は違うと思っていた。だから、親と仲良くできなかった。「映画監督になりたい」というと、友達や教師までが反対。会ったことのない親戚にまで説教された。彼らは自らに正義があるようにいう。僕が新興宗教に入信したいと言っているように感じ止めようとする。

つまり「誰とでも仲良くする」というのは自分の価値観や志向、目標を抑えて、相手に合わせることなのだ。しっかり勉強すれば仲のいい親子になる。友達、教師とも仲良くできる。大学や就職だけではない。それなりの歳になると田舎では、近所の人や親戚がこう言いだす。

「結婚はいつ?」「子供はまだ?」

30を超えて1人でいると、あれこれ噂され、批判される。その人たちと「仲良くする」には、いい歳になったら結婚し、子供を作るという行為をしなければならない。要は自分を殺し、夢を諦め、一般的な価値観で生きなければ「誰とでも仲良く」することができないのだ。地方地方での習慣。業界での慣習。人は無意識にそれらを押し付けてくる。

仲良くするには、我慢し、

従わなければならない。何十年もその街にいる人。その業界にいる人を変えるのは難しい。仲良くするには自分が我慢し、変わるしかない。「誰ともでも仲良くしろ」というのは「長いものに巻かれろ」「郷に入れば郷に従え」ということ。これもまた「村社会ルール」であることが分かる。皆と同じことをしろ。勝手なことをするな。「みんなに好かれる」にはそれに従えということ。

振り返ると僕はそんなことに逆らい続けてきた。映画の仕事をするためではあるが、そうでない人も考えてほしい。時代は変わる。これから大切なことは「誰ともでも仲良くしないこと」「みんなに好かれる必要はないこと」だ。また、その辺を詳しく書く。



<82164545_3362493023824978_1489013381397479424_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「幸せって何だろう? どこにあるんだろう?」結婚、金持ち、有名になること? 考えてみた。 [my opinion]

12109091_912259425515029_2509711271267443058_n.jpg

「幸せって何だろう? どこにあるんだろう?」結婚、金持ち、有名になること? 考えてみた。

多くの人は「結婚」を一つの幸せを考える。ま、結婚してみるとそうでもないことを痛感することも多いが、愛する人と共に暮らし、苦しみも喜びも共にし、人生を歩むというのは基本、一つの幸せだだろう。

金持ちになるーというのも幸せだと考える人が多い。生活に不安がない。ほしいものが買える。海外旅行に行ける。大きな家に住める。外車に乗れる。だが、これも1人では幸せと言えないだろう。一緒に喜びを感じるパートナーがいるからこそ、旅行に行っても、美味しいものを食べても、豪華な家に住んでもハッピーなのではないか?

さらに人々が求める幸せー「有名になること」がある。これは心理学でいう「認知欲求」だ。人に認められたい。褒められた。チヤホヤされたい。賞賛されたい。そんな思いを叶えるためには有名になること。事業で成功する。研究でノーベル賞を取る。色々あるが、芸能人になれば手取り早く有名になれる!俳優、タレント、歌手、作家、アナウンサー、映画監督、ミュージシャンとテレビにも出る仕事。

だが、これらの仕事も知られざる現実がある。例えば俳優。売れるまでが大変。売れるとチヤホヤされるが、妬みも凄い。誹謗中傷を受ける。プラバシーが踏みにじられる。街を歩けなくなる。利用しようとする輩が近づいてくる。誰が自分を愛し、誰が利用しようとしているのか?分からなくなる。極度の孤独に悩まされる。

有名になるという代償はとても大きい。先の金持ちも同じだ。以前にお会いした超富豪の社長。何不自由ない生活をし、スーパーカーを何台もお持ちだが、誰も信用できないという。揉み手で近づいてくる人たち。「金貸してほしい」「出資してほしい」「事業を応援してほしい」と笑顔で集まってくる。先の芸能人と同様、誰が敵で誰が味方か?分からなくなる。部下も信用できない。

つまり、どの幸せも、必ず見返りが付いてくる。それを知らない人が「金持ちになりたい」「有名になりたい」というのだろう。そう考えると愛する人と結婚し、子供たちの成長を見守るというのは先の2つとは違い純粋に「幸せ」なのかもしれない。もちろん、相性が合わない。浮気をする。酒癖が悪いということで不仲になり、毎日が地獄になることもある。僕が監督した映画「向日葵の丘」で主人公を演じてくれた常盤貴子さん。こんなセリフがある。

「幸せって何だろう? どこにあるんだろう? その答えを探して私はシナリオライターになりました」

そのセリフ。僕自身の思いを込めて書いた。僕自身がその答えを探して映画監督になった。その答え。今も探し続けている。

C1cog1tUcAA0-X5.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

他人をハッピーにすることで幸せになれる?=幸せの形を考えてみた。 [my opinion]

41319031_2154612754613017_1378296030814011392_o.jpg

他人をハッピーにすることで幸せになれる?=幸せの形を考えてみた。

「幸せ」の形。考えている。愛する人と結婚する。金持ちになる。有名になる。いろんな幸せを上げる人がいる。が、最近思うのは、人はわがままで、利己主義で、自己中心的だが、自分が役にたつ。誰かのためになることをした時、嬉しく感じる生き物でもある。

道に迷っている人に声をかける。電車で妊婦さんに席を譲る。被災地に行ってボランティアをする。どれも時間を食うだけで、お金には繋がらない。でも、人はそうやって誰かを助けよう。誰かの手伝いをしようとする。それは何かと言うと「僕の行動が役に立った」「喜んでもらえた」「感謝された」という喜びなのだ。

心理学的に説明すると認知欲求が認められたということ。自分が生きていていい。他人を助けることで自分の存在を感じることができる。意味のある存在であることを確認できるので、嬉しい。というのも現代社会では労働者は歯車であり、多くの人は取り替えの効く存在。怪我をすればクビ。死んでも誰も困らないという人も多い。

「自分なんてどうでもいい存在。何の役にも立たない無意味な存在」と思いたくなる。だからこそ、その意味を求めて被災地にボランティで行ったり、困った人を助けようという思いが出てくる。人は残酷なこともするが、困った人を助けよう。何か役に立ちたいという優しい気持ちもある生き物なのだ。

人の幸せというのは、自分がハッピーになることだけではなく、誰かをハッピーにする。誰かを苦しみから救う。困った人を助ける。そこで感謝されること。喜ばれることで、その人もハッピーになれるのだ。だから思う。人をハッピーにさせることもまた、幸せなのではないか?と。誰かに喜ばれることもまた幸せではないか?と思えてくる。


m_58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

与えられたことしかしない子供。与えられたことができない子供たち。夢があるといいながら何もしない若者。夢があるから行動する人たち [my opinion]

15110909_1227066737367628_9146659783148361682_o.jpg

与えられたことしかしない子供。与えられたことができない子供たち。夢があるといいながら何もしない若者。夢があるから行動する人たち

子供の頃から長年感じていた違和感。同年代の友達も同じことを感じていたのだろうか?と思う。高校時代の友人とも少し前に話した。「あの頃はそれなりに楽しかった。特に苦痛ではなかった」と言われた。

僕の場合、特に高校時代は最悪。同級生たちは無意味と思える与えられた課題をこなし、成績に一喜一憂していた。そんなことが将来何のプラスになるというのか? だが、皆は疑問を持つことなく、本当は遊びたいと思いながら勉強していた。僕には人生で最低の3年間だった。なのに友人は「それになり楽しかった」という。

その後、映画学校に通うようになり、親しくなった同級生たち。学校に不満を持ち、皆、途中で辞めてしまった。いずれも将来は映画監督になりたい!と夢見て上京してきた連中。なのに、何もしない。学校にも行かず。アパートで毎日テレビを見て過ごしている。その内に「現実は厳しい...」とか言って1人消え、2人消え、皆、実家に帰ってしまった。

37161688_2043214119086215_8251936398270005248_n.jpg

僕が通った高校は進学校だったので98%が大学に行く。専門学校とか就職という生徒は限りなく少ない。が、そんな専門学校に行った別の学校の後輩に聞いた。彼もまた映画監督を目指して上京し、僕とは違う映画学校に通っていた。

が、そこは「映画の勉強」らしきことをするが、入学するほとんどの生徒は「映画監督になるぞ!」という思いはなく「映画見るの好き〜」「面白そう〜」というレベル。「高卒ですぐ就職するのは嫌だし、2年間遊びたい〜。でも、勉強するのが嫌だから、映画学校なら楽しいかも!」という動機だという。

困ったものだが、当時(今は知らない)はそんな若者は多かった。受験レースから落ちこぼれ、勉強するのはもう嫌、無理に大学行きたいくない。と言ってすぐに就職するのも嫌だという子供たちが結構、存在した。考えると、もしかしたら、映画学校時代の僕の同級生も、その種の若者だったのかもしれない。

11825614_871027912971514_6740257249980222481_n.jpg

学校で与えられることを真面目にこなす生徒たち。高校時代も、映画学校でもいた。高校時代に落ちこぼれて勉強を拒否した子供たち。無理して大学には行きたくない。遊んでいたい。専門学校に多いタイプ。ある教師に言われた。「お前は映画監督になりたいとかいうが、勉強するのが嫌で、そんな言い訳をしているだけじゃないか?」メチャメチャ腹が立ったが、今、思えば、そんな若者も多かったのだ。

そこから言えること。大学には行かない。でも、自分の夢を掴みたい。逃げではなく、口だけではなく、行動する。そんなタイプは僕の周りには、いなかったのではないか? 映画学校での友人たちは共に夢を追う仲間と思っていたが、そうではなかったのだろう。

が、やがて、同じように夢追う者たちと出会い学生映画を始める。皆、行動するタイプ。そこで僕はようやく自分らしさを発揮するのだが、また、それは別の機会に語らせてもらう。



m_58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

皆と仲良くするな。気の合う優秀な仲間と戦え=令和時代を生き抜く秘訣?! [my opinion]

77164010_3189176901156592_8236130347390074880_o.jpg

皆と仲良くするな。気の合う優秀な仲間と戦え
=令和時代を生き抜く秘訣?!

学生時代は毎日、同じクラスメートと顔を合わす。気の合う奴がいればいいが、鬱陶しい奴ばかりというクラスもあった。それが1年続く。担任教師もそう。10代でも大人の生徒は「何言ってんだ!」と思っても従う振りをしてやり過ごす。が、僕は違うと思ったら言い返し、質問をし、問いだした。度量のない教師は感情的になり、権力を振りかざした。

ただ、大学を出て会社員になれば、

そんな経験も生きるだろう。上司は選べない。最悪の同僚でも部署が変わるまで付き合わねばならない。いろんな奴とでも仲良くせねばならない。上辺だけの付き合いで問題を起こさないようにする。僕にはそれができない。卒業してから映画の製作会社で仕事をしてもトラブルがよく起きた。

先輩たちは「トラブルメーカー」と呼んだが違う。その会社の社長やプロデューサーが理不尽なことをする。約束を守らない。だから、抗議し、申し立てたのだ。僕のわがままではない。が、パワハラがまかり通る会社。上から押さえつけようとする。高校時代の教師と同じ。だが、僕は黙らない。実力行使に出る。だから、トラブルとなるのだ。

無駄なことに時間をかける社員たち。

効率の悪い仕事をさせる社長。無意味な手続きに強要する連中。彼らを見ていると、高校時代の同級生を思い出す。「勉強が嫌だ」と言いながら「有名大学に行きたい」「有名企業に入りたい」という。でも、勉強は適当。僕が「映画監督を目指す」というと「甘い!」「無理だ!」と批判。教師も事なかれ主義。その製作会社も同じ。

でも、会社とはそんなもの。そんな社会で働くための訓練が学校なのだろう。嫌な奴とも我慢するして付き合う。バカな担任にでも従う。訓練なのだ。ところが、映画の世界でバカと仕事をするといい作品が作れない。「やる気」のある。思いのある。出来る人たちと組むことで素晴らしい作品が生まれる。バカな社長やプロデューサーがいると足を引っ張られるばかり。

作品への愛がない。楽して儲けたい。

そのくせブランドが好き。大手にへつらう。高校時代の同級生と同じような連中。最初はそんな連中に雇われ、その手の会社に呼ばれて仕事をしていたが、監督をするようになり、環境改善を進めた。嫌な奴とは仕事をしない。バカは呼ばない。役に立たないと分かれば追放。裏でコソコソも許さない。誤魔化しもアウト。

それを実践すると嫌われた。「何様だ!」と言われた。しかし、映画業界。「あの監督はいい奴だ」と言われる人はロクでもない作品しか撮らない。「嫌な奴なんだよ。あの監督」と言われる人はヒットを飛ばしている。皆に好かれる監督はバカな人たちの顔を立て、誤魔化しに目をつぶるが、いい映画を作るためにはバカを相手にしない。それが背景だ。

「映画の世界だからそれで通用するんだよ。一般の会社は違うよ〜」

でも、間も無く一般の会社もそうなる。皆と仲良く出来る人では通用しない。我慢し、バカとも仲良くするからだ。いい仕事はできない。我慢してはいけない。バカの機嫌をとる必要はない。気の合う出来る仲間と仕事をしよう。そして成果を上げよう。それが令和時代の社会の合言葉となるはずだ。



72886915_3128310307243252_1182670501093310464_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ジョーカー」に登場する歪んだ人たち。日本にも大勢いるよね? [my opinion]

Joker-Film-1.jpg

映画「ジョーカー」に登場する歪んだ人たち。日本にも大勢いるよね?

映画「ジョーカー」に登場する歪んだ人たち。日本にも大勢いるよね?

この数年、僕が出会った「クソ野郎」と言いたくなる人たち。「ウジ虫」「困ったちゃん」「アホ」などと呼んで来たが、映画製作を邪魔したり、足を引っ張ったり、心ある人たちを踏みつけたりした連中。ドラマなら悪役となる人たちだ。ただ、昔の映画ならその手は権力欲が強く金のためなら人を殺し、踏みつける金持ち、政治家だった。だが、今の時代は多種多様。そんないろんな「クソ野郎」たちが見事に「ジョーカー」では描かれている。

①ブルース・ウェインの父 本来は街を浄化しようし、息子であるブルースに影響を与えた人物だが、この映画では庶民の痛みを理解しない実業家として登場。日本で言えば経団連会長や大企業のトップ。あるいは官邸にいるあの人のイメージ。ただ、これは従来からいる「クソ野郎」タイプ。そして、この人たちだけが悪でないことを映画は描いている。その他を以下で紹介。

②アーサーの上司 ピエロ派遣会社のマネージャー。彼はアーサーを「皆が君は変だというが、僕は君が好きだ」などと煽てて使うが、アーサーが災難に遭っても(子供たちに看板を盗られ壊されても)理解しようとせず、頭ごなしに非難。拳銃の件では会いもせずに電話でクビにする。社員を労働力としか見ず、問題点や職場環境を考えず、社員の苦労を理解しない。日本にも多い、ブラック企業の上司のような存在。この種のバカヤローが社員を苦しめる。


③アーサーの母 精神病による妄想で、ありもしないことを信じて、周りの人たちを巻き込む。本人は病気であり、悪意はない。が、息子がその妄想を信じたためにトラブルになり、人生が壊れて行く。実際、日本でもその種の事件は多い。患者が「私は酷いことをされた」と妄想し発言。周りが振り回され、罪のない人が加害者だと思われ関係者からバッシングを受け、そして反撃。諍いとなる。僕もこの種の人たちに何度も出会った。病気が原因での発言とは誰も思わず、無意味な争いを続ける。


④アーサー 病気の母の言葉を信じたばかり希望を持ち、そして破滅して、暴走して行く。彼自身が被害者なのに、加害者になってしまう。僕の周りにいた人たちも似ている。善良な市民だが、患者の妄想で酷い目に遭った被害者を加害者だと思い込み、批判、攻撃して追い詰め、孤立させ「当然の報い」と考える。妄想に巻き込まれたジョーカーが自分に正義があると感じたように、彼らも間違った正義を振りかざし、罪のない人を踏みつける自らの行動を把握できていない。

いずれのキャラも悪意はなく、自身の行動が誰かを傷つけていることに気づいていない。悪の組織や悪徳政治家だけではない。その種の人たちもまた、多くの人々を苦しめる。むしろ自分たちが被害者だと感じ、正義を振りかざすので始末に悪い。最後のシーンで暴動を起こす市民もまた同じ。もはや被害者ではなく加害者になっていることに気づかない。

そんな部分まで描かれていることで、多くの人が自分を重ね、いろんなことを感じたのだ。まさに日本も同じ。映画「ジョーカー」はそんな現代を映し出した作品である。



61328389_2713611712046449_5637045108852391936_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

喋りが下手な政治家、評論家、文化人。関西人は耐えられない?! [my opinion]

60290175_2655687321172222_3729120327007993856_n.jpg

喋りが下手な政治家、評論家、文化人。関西人は耐えられない?!

記事を書きながら「オプエド」を見ている。僕はシルバー会員なので、月3本まで過去のアーカイブを見られる。興味あるゲストを探しクリック。テレビ番組では決して報道されない事実や隠された事情も、この番組では発信される。フェイク・ニュースだらけの日本のマスコミではとても貴重な存在なのだ。

が、今回はその話ではない。あるゲストの回を見ていた。面白くない。話している内容は興味深いのだが、話が下手。下手過ぎる。実は僕もこの番組には2度出して頂いたので、それを見た方から

「お前がいうか!」

と叱られそうな気もするが、そのゲストは本当にイライラして途中で見るのをやめた。もちろん、スタジでライトを浴び、カメラを向けられ、制限時間ある中の生放送は超緊張する。司会進行の人もいるし、隣にあの上杉隆さんが座ることもある。緊張しない方がおかしい。でも、だからといって、話がクダクダになってもいい訳ではない。

流暢に喋れなくてもいい。ちょっとした努力で大きく変わる。同じトーンとリズムで喋る。これでは退屈。ときどきトーンやスピード、リズムを変えるだけでも、メリハリがつく。聞く人を惹きつける。が、誰もやらない。進行役にも問題ある人がいる。もし、ゲストが同じトーンでダラダラ喋ったら、うまく誘導し、転調させる質問をする。急に大きな声をあげたり、大げさなリアクションを取るだけも番組の流れが違ってくる。それに気づき盛り上げようとするのは上杉さんであることが多い。

僕は関西出身なので思うが、真面目な話でも、時はジョークを入れたり、シャレを入れて、笑いを取るべきだと考える。なのに、ずっと真面目に一本調子で話すゲストが多い。学校の授業のようで頭に入らない。もう少し言葉に感情を込めるだけでも聴きやすくなる。が、アナウンサーのように感情を配して喋ることが大事と思っているゲストもいるようだ。

「お前はNHKの解説委員か!」

と言いたくなる。そんな中、本日のゲスト・ぜんじろうさんはお笑い芸人ということもあるが、やはり話がうまい。そして世界各国でトークの仕事をしていることもあり、それぞれの国事情を興味深く話してくれる。つまり、話す技術があり、内容も興味深い。そうなると、情報はあるのに話が詰まらない人とか、もっと勉強すべきだと思えてしまう。

セミレギュラーの古賀茂明さんも決して話上手というのではないが、分かりやすく、聴きやすい。政治家でも小泉純一郎はうまい。共産党の志位さんも上手。問題はあるが蓮舫もうまい。まあ、元タレントだからね。その意味で太郎さんも抜群にうまい。それはとても大切なことだ。話上手な人はたいてい人気がある。

書かれた文章を読むような演説しかできない政治家も多い。最後まで聞く気にならない。だが、考えてみよう。俳優の太郎さんやお笑いのおしどりマコさんら「話す技術」のある人たちが「政治」や「社会」を勉強して発信している。なのに、それの専門家である政治家や評論家はなぜ「話す技術」を勉強しないのか? 

ケネディだって、マーティンルーサーキングだって、マルコムXだって海外にも参考になる人はいっぱいいる。今は映像の時代。論文を雑誌に掲載するより多くが知る事になる。その手の仕事をする人。もう少し、しゃべりを勉強すべきではないか? スピーチでせめて1回は笑いを取ってほしい。関西人なので、そんなことを考えてしまう。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

親は子供たちに何を伝えればいいのか?=好きなものを探せ、夢中になれることを見つけろ!それが子供を育てる。 [my opinion]

10959387_781059721968334_4438207585394091588_n.jpg


親は子供たちに何を伝えればいいのか?
=好きなものを探せ、夢中になれることを見つけろ!それが子供を育てる。

日本の教育がもう機能していないこと。ここまでの記事でお分りいただけたと思う。近々、幾つのか教育改革が行われること関係者から聞いているが、根本的に直さなければ効果は期待できない。そんな時代に大人は何を子供たちに伝えればいいのか? 将来生きていくために何が必要だと教えればいいのか?

小学校の算数や国語は必要だろう。でも、そのあとの教育で学んだもののほとんどは役に立たない。それなら、そのあとの10年間、何か役立つスキルを学ぶとか、身に付けることが大事だと思える。それが何なのか? 具体的には分からない。これをすれば生涯安泰というものはない。ただ、僕が思うのは「好きなこと」を見つけること大事だ。

与えられたことをするだけの教育だと、与えられないと何もできない。だが、好きなことをする。カメラが好きだ。写真を撮るのが好きだ。そうなれば、「どうすればより良い写真が撮れるようになるか?」を考える。

望遠レンズか? シャッター速度か? 焼き具合か? 

そもそも機材か? センスか? 経験か?

それを試す、ダメなら違う方法を考える。そこで「考える」という訓練ができる。学校の授業のように方法を与えられて、それに従い作業する場合は、「考える」が抜ける。むしろ「考えてはいけない」のだ。与えられたこと方法以外ではいけない。そこから独創性も生まれない。

ただ、カメラに夢中になったからと、カメラで食っていけるかどうかは分からない。言えるのは、他の仕事を選んでも、カメラを学び、挑戦する過程でいろんなことを学ぶということ。問題があるとき、トラブルがあった時に、どう解決するか?経験になる。その方法は誰も教えてくれない。そこで考えることこそが身に着く。

カメラでなくても、楽器でも、料理でも、運転でも、機械を作る。野菜を育てる。動物を飼育する。なんでもいい。自分が好きになれること。夢中になれることを探すことが大事。それを親たちは勉強の邪魔になるからと、子供の頃からそんな機会や時間を与えない。我が子の将来を狭めているのと同じ。まず、それに気づくこと。スタートではないか?



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は幸せになったのか? 戦後の選択を間違ったのではないか? =子供たちに何を伝えるべきなのか? [my opinion]

59734838_2657978137609807_8827297870873886720_n.jpg

日本人は幸せになったのか? 戦後の選択を間違ったのではないか?
=子供たちに何を伝えるべきなのか?

日本の教育が国策で経済大国を目指すための「優秀なサラリーマン」育成であったこと何度も書いた。そんな中で親は、大人は子供たちに何を伝えればいいのか? 僕の映画のテーマは毎回それなので、以前からずっと考えている。もちろん、こうすればハッピーと言う道はない。そしてハッピーとは何か? 幸せとは何か?から考えることが大事だと思える。

戦後の教育が目指したもの。「安定した経済と生活」だろう。食うに困らず、毎日仕事ができる。家族が安心して生活できる。それは戦時中の貧しかった日本の反省から来ているだろう。そして大物量作戦で日本を負かしたアメリカへの憧れ。物があると言うこと。つまり、お金があり、何でも買える。洗濯機、冷蔵庫、テレビ、車、マイホーム。そんなものが手に入る生活こそが幸せであると考えた。

戦後は二股の道、分岐点だった。日本人はその内の一つ「物があることが幸せ」を選び、突き進んだ。そのためにもう一方の「あること」を捨ててしまった。「物の幸せ」はバブル時代を頂点して達成された。誰もが全てが手に入る。ローンだったりはするが、車も家も買えた。しかし、何かが足りない。心が満たされないことに日本人は気づく。

何が足りないのか? それは「絆」。戦後の分岐点でその道を選ばなかった。昔の日本は貧しかったが絆があった。家族は同じ部屋で寝起きし、近所付き合いがあり、友達がたくさんいた。でも、裕福になった日本人は二階建ての家を建て、子供部屋を作った。お父さんは夜遅くまで働き、家族との交流がなくなる。

ビデオが普及して、テレビの前に家族が集まることがなくなる。携帯が手に入り、親は子供が誰と話しているのか?分からなくなる。電子レンジがあるので、家族揃わなくても暖かいご飯が食べられる。

豊かさが家族をバラバラにした。でも、日本人は無意識に「絆」を求めた。プリクラ、メール、カラオケ。みんな仲間であることを確認するツールだ。着信したら10分以内に返事。若者たちのそれも絆を確認する行為。そうやって日本人は昔は身近にいくらでもあった絆を探して、電化製品で絆を確認する。

戦後、日本人が選んだ道の結果だ。実は選ばなかった、もう一つの道が大事だったと言うこと。でも、後戻りはできない。物では幸せになれない。そして20年も続く不況はその物質的な幸せさえも奪おうとしている。幸せとは何か? 子供たちに何を伝えるべきか? まず、そこから考えたい。



61621211_2705810119493275_5567254209574731776_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - my opinion ブログトップ