SSブログ

真夜中に目が覚めて考えること。時計の秒針がデュエットする? [2020]

71542458_3034257506648533_4604045215773229056_n.jpg

真夜中に目が覚めて考えること。時計の秒針がデュエットする?

久しぶりに真夜中に目が覚める。再び寝ようとしても寝られない。そんな時はベッドを抜け出し、パソコンの前に行き、文章を書いてみる。冷んやりとした部屋。外から車が走る音も聞こえない。物音一つしない部屋。いや、起きどけだけがカチカチと時を刻んでいる。

ヒーターをつけ、厚めのブルゾンを着て、お茶を入れる。パソコンに向かい、このFacebookのページを開いてみる。いつもは午前中にあれこれ記事を書く。原稿料がもらえる訳ではないが、あれこれ書く。基本は自分が監督した映画の宣伝だが「今、自分が考えていること」を整理することもできる。

人は起きている間中、あれこれ考えるが、それを文章にしてみると、自信が何を考えているか?把握できる。また、頭で考えていると、論理性に欠けることがあり、同じ疑問を繰り返し考えていることもある。が、文章にすると(あるいは人に話すと)論理性を持ち、問題点がクリアになることが多い。

そこから自分は何をすべきか?どう前に進んでいくか?が見えてくることがある。特に、今夜のような深夜に文章を書くと、俗世間から切り離されたようで、自分を見つめ直すことができる。昼間だと「てめ、あの野郎。絶対に許せねえ!」と思っていても、冷静に問題点を考えることができたりする。

置き時計の音が聞こえる。100円ショップで買ったものが2つ。部屋にはある。こんな大きな音で秒針が動いていたのか? 2つの時計が微妙にズレてデュエットしている。間も無く3時。まだまだ夜は明けない。その時間にあれこれ考えを巡らすことにする。2020年の戦いはまだ始まったばかりなのだから。


82164545_3362493023824978_1489013381397479424_o.jpg
コメント(0) 

寅さんと記念写真!?80年代前半ネタが満載のショー。マッチネタは大爆笑。 [2020]

80982337_3344002665674014_6143358595556704256_o.jpg

寅さんと記念写真!?

以前、仕事でお世話になった方がイベント出演。会場に急行。観せてもらいました。80年代前半ネタが満載のショー。

マッチ(近藤真彦)ネタは大爆笑。会場で僕が一番笑っていたかもしれません。「ロッカッキー」「マッチのマーチ」「たのきん全力投球〜!」なんて若い人、絶対に分からないよね〜。でも、僕らの世代は大爆笑。楽しいひととき!


640-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「ドキュメンタリー沖縄戦」事実上の映画館公開中止!?=これまでの経緯を説明(再掲載) [2020]

78869540_3266346653439616_1048753459458736128_n.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦」事実上の映画館公開中止!?=これまでの経緯を説明(再掲載)

問い合わせが多いので経緯を再掲載する。昨年、春。作品完成時にスポンサー側に映画館公開を提案。なぜなら映画館公開が一番多くの人に見てもらえる形であり、マスコミも宣伝に参加してくれる。その後もテレビ、衛星、ケーブル、ネット配信、DVDといろんな形で広げることができるから。

今回の作品は「平和学習」の一環として沖縄戦を学ぶというもの。スポンサー団体が主催する会で関係者が見るというのが目的だ。そこに映画館公開も加えると、その数十万人以上に見せることができる。一度は承認されたものの。後になり却下された。理由は

「教材目的で作ったものなので映画館公開は考えていない」

??? 団体の活動も評価されるし、沖縄戦の悲しみを多くが知ることができる。が、NOと言われた。団体が非常にお堅い、真面目なところであること。さらに映像事業は初めてで、映画館公開がどれだけ有効か?が理解できないのだと思い、さらに説明を続けた。プロジェクトチームの職員さん達はかなり理解を示してくれた。沖縄上映会の後さらに上層部に進言したが、また却下。

今回は僕の提案だけでなく、沖縄で映画を観た人たちも「全国で上映してほしい」との声を数多く寄せている。デニー知事からも「ぜひ、全国の映画館で!」という要請を受けた。それらも拒否したことになる。団体内の上映。当初からの目的なので反対していない。同時に映画館公開を進めることは可能。そのことも伝えている。にも関わらず。

「先に団体内の上映。その7−80%が終わり、反応が良ければ映画館上映を考える」

という返答。つまり、映画館上映はしない。反応が良ければ「考える」という。だが、団体内であちこちで上映すれば、その時点で映画館はもう上映をしない。どこよりも先に上映するのが映画館。また、時間が経っても映画館公開は不可能になる。それが映画館というもの。来月ー2月に映画館交渉をスタートしないと全国公開はもう不可能。

それを何度も伝えているのに「団体の上映が7−80%終わって」というので、これはもう映画館公開をする気がないなと感じる。このままで多くの人が映画を見ることなく、関係者だけが観て終わる。応援してくれている方々への裏切ることになってしまう。時間もあまり残されていない。しんゆり映画祭「主戦場」上映中止と同じ構図。このままでは何より全面的に協力、応援してくれた沖縄の皆様に申し訳ない。どう伝えればいいのだろう...。

「ドキュメンタリー沖縄戦」予告編=> https://youtu.be/81I-BLROlxY



nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年 2020年 今年もよろしく! [2020]

80792423_3339936356080645_1180823596436553728_o.jpg


謹賀新年 2020年 今年もよろしく!

今年2020年の年賀状。

2005年の映画監督デビュー作「ストロベリーフィールズ」から

全作品のポスターを並べてみた。なんと6作。

どれも遺作のつもりで作った作品。

さて、7作目はあるのか?


m_58380866_2620621131345508_6956524637744267264_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

あけましておめでとうございます。僕の年始年末は?ー2020 [2020]

80793304_3336688263072121_7635654169486950400_o.jpg

あけましておめでとうございます。僕の年始年末は?

今年もよろしくお願いします。

さて、昨日というか、昨年の31日。モスバーガーで申告用の領収書整理をしていたら、午後8時閉店とのこと。仕方なく部屋に戻る。何年か前なら、部屋でK1(格闘技です)見ながら仕事していたが、近年は見たい番組もなく、まして紅白は絶対に見ない(NHKはぶっつせ!)テレビ見ないと正月感ゼロなので、何か年末らしい映画を見ようと考えamazonプライムを調べる。

「昭和残俠伝 破れ傘」

これは正月らしい!昔、正月にはテレビでヤクザ映画が放送されていたので、なかなか正月気分。そのあとは「仁義なき戦い」第1部。焼酎を飲みながら見ていると腹が減り。あれこれ食べると、年越しそば用に買っていた緑のタヌキを食べるのを忘れた。

さて、日本人は大晦日に寺に行き、元旦には神社に行く。(クリスマスはキリスト教徒になる?)が、僕はどの宗教も大嫌い。神も仏も信じない。仕事柄いろんな宗教団体と接することがあるが、本当にクソのような連中が多い。そもそも宗教なんて「証明できぬ詐欺」のようなものだ。が、意外にも、どの団体にも必ず心ある人がいて、真剣に平和や幸せを考えている。

あの戦争賛成の平和団体でさえ、れいわ新撰組の野原まさよしさんのような素敵な人がいる。「ドキュメンタリー沖縄戦」完成披露上映会@那覇にも来てくれて、お話した。彼が選挙時の街頭演説で語ったように学会も上にいる人たちが組織を私利私欲に利用。権力を独占。暴走している。そのために教団自体が腐ってしまうということだ。

あの強大な宗教団体も同じ。トップがクソだ。そのために教団自体が大いなる信頼を失おうとしている。そんな事情も分かって来たが、捻くれ者の僕は本来、宗教嫌い。正月でも寺や神社には行かない。特に神社は神社庁という組織があり、あの日本会議と繋がっている。寺も神社も戦争推進派が多いのだ。

そんなことで元旦から仕事。領収書整理パート2。部屋の大掃除。「沖縄戦」資料の整理。やることは山積みだ。さて、今年も戦いが始まる!


中止2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。