SSブログ

ロスアンゼルスで開催される映画祭に参加 [7月ー2018]

E38381E383A3E382A4E3838BE383BCE382BAE382B7E382A2E382BFE383BC-dbac5-52250.JPG

「明日にかける橋」が海外の映画祭の招待作品となった。嬉しい。その映画祭は毎年行われるもので、LAのリトル東京を中心に何箇所かで、この1年くらいに製作、公開された日本映画が何本も上映する。日本文化に興味のあるアメリカ人、日系人、そしてLA在住の日本人らが観客。

LAも昔は日本映画専門の映画館がリトル東京にあったのだが、80年代に潰れて、それ以来、日本映画を大スクリーンで見るのがむずかしくなった。ま、DVDがあるので日本のレンタル店に行けば見ることはできるが、やはりスクリーンで見れないのは残念。そんな状況なので、映画館で日本映画が観たい!というひと人々が映画祭に集まる。

10686824_707158509358456_5115492575530701301_n.jpg

僕の映画は以前にも招待作品となり、上映してもらったことがある。あるときは映画館(タランティーノがオーナー!)あるときはリトル東京のホール。時と場合でいろんな会場となる。多くの人が集まることが多いが、そこそこのこともある。カンヌやベルリンのような大きな映画祭ではなく、日本文化を広めるために市民が続けている小さな映画祭だ。

ただ、やはり、アメリカ人に見てもらえる機会であり、自分が作った映画がどんなふうに見てくれるのか?興味深々。反応も楽しい。舞台挨拶あり、観客とのQ&Aあり、いろんなイベントがある。日本からのゲストも大林宣彦監督、俳優の仲代達矢さんなど大物もいる。常盤貴子さんも飛び入りしたことがある。

DSCN4034.jpg

オープニングパーティから、クロージングまで、毎日何かイベントがあるが、多少の時間はあるので毎回、同行してくれた人たちをLA観光に連れて行く。僕にとっては以前に6年も住んでいた街なので、地図もナビもなしで案内できる。通訳兼ガイド。おまけに映画ロケ地ツアーまでやってしまう。

「ターミネーター」「ブルーサンダー」「ヒドウン」「ダークナイト ライジング」「理由なき反抗」「キルビル」「ブレードランナー」「24」「パラダイム」「リーサルウエポン」とLAでは多くの名作映画が撮影されている。それらの場所を僕は全て知っているので(もう、地元ですから!)同伴者はめっちゃ楽しんでくれる。

P1030311-5fd9e.JPG

あと、LAには美味しいレストランがたくさんある。チャイナタウン、コリアンタウン、ハンバーガー(最近はインアンドアウト・バーガーがお勧め)カルフォルニア・キッチンもうまい。「プリティウーマン」の舞台となったロデオドライブは高級品店がずらり。サンタモニカは桜田淳子の歌で有名? チャイニーズ・シアターでスターの手形を見るだけで何時間も過ごしてしまう。映画好きにはLAはヘブンだ。

何だか映画祭に参加するのか? ツアーガイドに行くのか?分からなくなるが、そんな映画祭に8月参加する。楽しみだ。



DiHE4YWU8AEU3tu.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント